日本人初ネパール舞踊家・岡本マルラ有子によるネパール・ダンスとヨガ

体をほぐし、呼吸を整え、元気な1日をはじめましょう!
シニアの方にこそ、ぜひ体験してほしい!

4/8日本テレビ『世界まる見えテレビDX』で紹介された「ハンズ・ヨガ」。
たくさんのお問合せ、レッスンお申し込みをいただきました!ありがとうございます。
そこで、ご希望の多かった平日夜(水曜/木曜)のハンズ・ヨガクラスを新設することになりました!お仕事帰りにもぜひどうそ。いまなら入学金無料。

★「早朝ヨガ」「手指(ハンズ)ヨガ」「ネパール舞踊」「チャリア」の各クラスに、見学・体験ご希望の場合、事前にお申し込みください。

* * * * *

手ぶらで来て、朝からリフレッシュ!:早朝ヨガ・カフェ

月・水・木・金曜日6:30~7:30

手指(ハンズ)ヨガ+無農薬玄米がゆ・無添加みそ汁付き
あわせて60分で、1,500円
入学金無料

手指ヨガ(ハンズ・ヨガ)

水曜19:30〜21:00 新設!
木曜19:30〜21:00 新設!
土曜 9:00~10:30
1回90分で、2,500円
回数券(11枚綴り):25,000円(1回分お得です)1年間有効
入学金無料

ネパール6000年の修行法を基に独自に考案した、初の「ハンズ(手指)ヨガ」。
60歳以上のシニアの方も大歓迎!
上半身や手が中心なので、足腰が弱くても大丈夫。
入院生活をしている方などの介護をしている方にも役立ちます。

【手指(ハンズ)ヨガとは?】

ヒマラヤの国ネパールの密教僧直伝の修行をベースに、日本におけるネパール舞踊家第一人者マルラ有子が考案。シニアや体力に自信のない方にもやさしい、手指や上半身を中心にほぐすことで全身のバランスを整えていくヨガです。

ネパール・ダンス

(1994年日本初開校以来続いているクラスです)
月曜19:30~21:00 (1h30’)
90分×月3回で、6,500円(回数割2,800円)
入学金 10,000円

ネパールは104民族92言語もいの多民族多文化の国。さまざまな民族の踊りを楽しく踊ります。
民族衣装200着以上を常備。踊りにあわせた美しい衣装も楽しめます。
1994年、日本で最初に開校した、歴史ある本格的クラスです。

ネパール密教修行(舞い)「チャリア」クラス

日曜9:00~11:00(2h)
120分×月3回で、10,000円(回数割3,800円)
入学金:10,000円

6000年の歴史をもつと言われる「チャリア」。
日本で唯一のチャリアクラス。心身ともに健やかに、さらに人々の役に立つように、自分と向き合う僧侶の秘儀とされてきた修行です。

主宰・講師紹介 :Yuko Okamoto Malla(岡本マルラ有子)Profile 【english


 東京新興住宅街生まれ育ち。8歳のときからモダンバレエを学び、18歳にバリ島へバリ舞踊を学びに行ったのがきっかけで「民族舞踊」の世界へ飛び込む。‘85年ネパール舞踊習得のため初渡航、以降ネパール舞踊研究の道を進む。ニューギニア(イリアン・ジャヤ)へ踊りの原点を求めに旅をし、5年間信州安曇野の田舎暮らしを体験後、再び東京へ戻り‘94年日本初ネパール舞踊教室開校と共に、プロ宣言、本格的ライブ活動開始。‘97年大学舞踊競技会にて優勝、故ビレンドラ国王より表彰。同年ネパール伝統芸能保護・普及活動の功績について、故ベニ・バハドゥル・カルキ国会議長より表彰。‘98年ネパール国立女子大舞踊・音楽科修業。『ネパールを知るための60章』共著(‘00年明石書店)。現在、衰退しつつあるネパール伝統芸能文化の保護・普及・発展のため、「日本人1人残らず一度はネパール・ダンスを躍らせたい」をモットーにネパール国立劇場をはじめネパール各地、日本国内各地で公演・講演・指導活動を展開中。岡本が指導したネパール・ダンス体験者はすでに6千人に達している。

▼ネパール舞踊研究家 / 和光大学現代人間学部非常勤講師 現役(東京都町田市) / ネパール民族伝統舞踊学校&先住民族衣装レンタル=天空の舞い 経営 / (社)日本ネパール協会(JNS) 前理事 / ネパール芸能文化支援団体=ネパールソンギートに親しむ会(MNSS) 代表 / 海外在住ネパール人協会日本支部 (NRN=Non Resident Nepalese Association Japan) 会員 / ネパール日本芸能文化協会 会長 / 「ネパール子どもクラブ」発起人

▼主な出版物: 『ネパールを知るための60章』共著 (社)日本ネパール協会編 2000年明石書店
『東ネパールライ族芸能文化~ナーガ・プジャにみられる舞踊”サケラ・シリ”』2004年 和光大学人間関係学部紀要・第8号 現代社会関係研究 2004
『ネパール・ヒマラヤの民◎その1~シェルパ族に関する先行研究の批判的考察と民族文化の紹介』2006年 和光大学人間関係学部紀要・第10号 現代社会関係研究2005

▼主な自主公演 及び 企画・演出・振り付け(ネパールにて): 2007年日ネアーティスト共同企画”ドバン・ステージ”(Naach Ghar=国立劇場にて) / 素人日本人によるネパール民族伝統舞踊ステージ考案=第1回JAPAN in NEPAL‘98(在ネパール日本大使館ホール) / 第2回JAPAN in NEPAL‘99.2(ロイヤルネパールアカデミー=ネパール王立劇場) / 第3回JAPAN in NEPAL‘99.12(ネパール王立劇場) / 第4回JAPAN in NEPAL‘00(ネパール王立劇場) / 第5回JAPAN in NEPAL’06(ネパール王立劇場)/億歳交流基金助成金事業『ネパール先住民伝統芸能継承・後継アーティストによる日本先住民アイヌ伝統芸能および日本古典芸能歌舞伎研修プロジェクト』報告会2012(在ネパール・ロシアン・カルチャー・センターHall)

▼主な自主公演 及び 企画・演出・振り付け(日本にて): 第1回NEPAL in JAPAN‘01(東京) / 第2回NEPAL in JAPAN‘04(神奈川県) / 第3回NEPAL in JAPAN‘05(東京) / 第4回NEPAL in JAPAN‘06(東京)/ 『伝統芸能でつながる 平和を願って2008』ステージ(川崎)/ 第5回NEPAL in JAPAN’11(東京) ほか多数~

▼主な依頼公演 および ディレクション(ネパールにて): ‘97ビレンドラ国王御前(国立女子大にて) / ‘98ディペンドラ皇太子御前(ネパール国家警察ポリスクラブにて) / ’98ブッダ舞踊ミュージカルステージ(王立劇場) / Chariya Document Video制作‘98 コーディネート・参加・出演 /  ’98ゴルカ・フェスティバル(ゴルカ郡) / ’98サーダナ・カラ・ケンドラ アワード(王立劇場)/ ’99パタン・フェスティバル(パタンにて)/ ‘98Visit Nepal年おおみそか オーケストラ(旧王宮広場)/ ’99チェトラ・パティ・フェスティバル(カトマンドゥ・チェトラ・パティにて) / ネパールTV ほか多数

▼主な依頼公演 および ディレクション(日本にて):‘94大阪花博にてネパール代表として選抜リーダーを務める / ‘95ネパール芸人マダン・クリシュナ&ハリ・バンシャン ステージ競演 / ‘04ガンダルバ族サムンドラ来日公演競演 / ‘05尼僧歌手アニ・チョイング・ドルマ来日公演競演 / ‘06愛地球博ネパールデー来日皇太子御前舞踊披露 / 第1回ネパール・デー・フェスティバル2007 in 日比谷公園・ステージディレクター / 第2回ネパール・デー・フェスティバル2008 in 日比谷公園・ステージディレクター / 第3回ネパール・フェスティバル2009 in 日比谷公園・ステージディレクター / 第4回ネパール・フェスティバル2010 in 日比谷公園・ステージディレクター / 2011年国際交流基金助成事業『ネパール伝統芸能継承・後継アーティストによる日本先住民族アイヌ芸能文化および古典芸能・歌舞伎継承 研修事業』プロデュース / 第5回ネパール・フェスティバル2011 in 代々木公園・ステージディレクター ほか ステージ・ワークショップなど多数

▼主な出演・取材(日本):NHK教育 / NHKBS1 / 日本テレビ / フジテレビ / NHK長野 / テレビ東京 / 名古屋TV / FM横浜 / FM立川 / 日経 / 朝日 / 読売 / 毎日 / 東京 / 市民タイムス / 北海道新聞WEB / 在日ネパール人新聞サムンドラ・パリ ほか多数

▼主な出演・取材(ネパール):ネパール国営放送 / ゴルカパットラ / カトマンドゥポスト / カンティプル / ヒマラヤタイムス / ライジングネパール / ケーブルTVカンティプル / ネパールラジオ局BBC / image―CHANNEL ほか多数